生徒さんの作品 片身替わりの木綿着物編

日中も25度を超えるようになりさすがに袷の着物も暑いなあと思うようになってきました。

今回は土曜クラスのEさんの作品です。

これは色違いの2反のからできています。左身頃と右袖、右身頃と左袖と左衽とで色を分けます。衿に関しては背中心で色を変えたり単色でつけたりと、ここは好みで良いと思います。

無地の木綿着物はシンプルになりすぎることもありますが、こうしてあげることでとても見栄えのするものになりますね。とても贅沢ではありますが…。

ちなみにEさんは早速着てご主人とお出かけになったそうですよ♪

新緑が美しいなかで着物の色もマッチしています~♡

「キャー、軽井沢にでも行かれたのですか!!」的な写真ですが、実は栄のフラリエ内(旧ランの館)だそうですよ。

とても素敵な着物ライフを送ってみえるEさんなのでした。